選択肢は予想以上に多くあります。あなた向けの美容室はきっと見つかります。

>

スピード重視かブランド重視か

都市部駅前のチェーン店美容室は、こだわりの高級店ではありません。
スピーディーに調髪する・スタッフが多く経験や技量に応じて業務分担をする・価格は高いようだがクーポンやポイントで実質値下げしリピートを狙うなど、ある意味忙しい人には利用しやすいと美容室と言えます。その一方、カット・シャンプーで担当が変わる・お気に入りになったスタッフが企業の都合で突然異動してしまうという、デメリットがあります。
都市部に立地する有名美容室は規模が大きく、いわゆるこだわりの美容室です。勤務しているスタッフも多く、いわゆるカリスマ美容師が在籍しているのが特徴です。独自のスキル・ヘアメイクを売りにしていますが、美容室の看板へのこだわりが強いあまり、来店客のニーズに応えにくい面があります。
また予約を取ることも必要になり、敷居が高い印象もあります。
有名美容室が売りにしているヘアスタイルに拘るなら、利用しない手はありません。

オーナー美容師の奮闘

田舎といわれる地域に立地して、地域に根付いているオーナー美容師が経営する美容室もあります。
赤ちゃん連れでもOKの美容室、 介護施設等に出張調髪してくれる美容師など、地方の美容室・美容師は利用客のニーズに対応しようとしています。
マスコミ・特にネットの発達で、今では顧客の持つ情報は、都会でも田舎でもほぼ同じです。地域の来店客のデータを持つ美容師は、押し付けることはなく、顧客のニーズに応じようとしています。
田舎の美容室でも、活用次第でおしゃれにしてくれるというのも、頷ける話です。
むしろ広い年代に受け入れる努力をしなければならないのが、田舎の美容室ではないでしょうか?お客様を癒してあげる意味で、肩や頭髪のマッサージも施しています。
都会・田舎に拘らず、オシャレになりたいという願望はかわりません。また行きたくなる美容室、何度でも施術してもらいたい美容師が、これからも生き残っていくのです。


美容室と理容室のイメージ

この記事をシェアする